鎌倉こどもハチミツプロジェクト
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鎌倉こどもハチミツプロジェクトへの想い

ココに来るこどもが、地域の未来を元気にする。

鎌倉の小学生たちが集まり、建長寺でハチミツを生産し、
パッケージやプロモーションも自分たちで考えて、
「鎌倉こどもハチミツ」を世の中に販売するプロジェクトです。

大人は、毎月1度のワークショップでアドバイスをするだけ。
このプロジェクトに関わるすべての人が、地元と自然を
好きになれば、10年後の鎌倉は、もっと素敵な街になるでしょう。

鎌倉こどもハチミツプロジェクトのコンセプト

ココに来るこどもが、地域の未来を元気にする。

鎌倉のハチミツで商品をつくり、売りだしていく。
この体験で、こどもたちは、地域のために活動する
喜びを知るでしょう。そして、彼ら彼女らは、
地域を元気にする大人になっていくと思うのです。

ミツバチと共に生きるやさしい街へ。

地ミツバチは、どこの森でも生息できるわけではありません。
その行動範囲半径4km以内にたくさんの花々があり、
緑が豊かであるところでしか生息できないのです。
だから、ハチミツを生産して、売りだしていくことは、
自然にやさしい鎌倉をつくることなのです。

“ITとデジタル”は、“こどもと街”の味方です。

ワークショップの先生は、ITやデジタルの分野で活躍する
上場企業の社長や、プロのデザイナー、ブランディングの
スペシャリストなど、その道のプロの方たちです。
鎌倉をITで良くしていく組織「カマコンバレー」も、
全面的にこどもたちをバックアップします。